トップページ

保温性と吸湿性が高いダウンジャケット

ダウンジャケットとは、冬場の寒さの厳しい時期や雪国などで着用する防寒着のことで、ナイロン生地の間に羽毛や羽を入れてキルティング加工して製作されています。
羽毛にはガチョウやアヒルなど水鳥のダウンボール(羽毛)やフェザー(羽)が使用され、これらの羽毛や羽の優れた性質である保温性や吸湿性がそのままダウンジャケットの優れた性質になっています。
特にダウンボール(羽毛)の軽さや空気を内包する性質は、ジャケットの軽量化と保温性に大きく貢献しています。
また、ダウンジャケットを選ぶ際は、このダウンとフェザーの割合がとても大切で、ダウンの割合が70から90パーセントでフェザーの割合が10から30パーセントある製品が良いとされています。
さらにダウンの28グラムあたりの体積が良質性を現す指標となっており、この28グラムあたりの体積の数が大きいと良質であるとされ、具体的にはダウンの空気内包力が熱伝導率の低下となって現われ、保温性の上昇に繋がっており、少ない量のダウンで高い保温性を実現している証明になっています。
吸湿性に関してはダウンに成分として含まれる動物性たんぱく質が湿気を吸収して外に放出する効果を発揮しており、ジャケット内でかいた汗を発散する機能を果たしています。

ダウンジャケットの着方

ダウンジャケットは羽毛を含むように作られたジャケットで、掛け布団などと同様に保温性に非常に優れた防寒具の一つとして活用されています。
多くの場合には一番上に着るというケースが良くみられるものですが、布団と同様に中に着込むようにしたほうが熱をため込む性質を活かすことができるのでより暖かく過ごすことができます。
ジャケットの上にもう一枚防風や防水機能の高いコートなどを羽織れるようにすると、熱が逃げなくなるので効果的であるという事です。
従来はモコモコとしたシルエットの衣服として知られていたものですが、現在は縫製技術や素材の進化などに伴い、より薄手でもそれなりの機能を持たせることができているものが多くみられます。
こうしたものの場合にはインナーを前提として活用したほうがより効果的です。
羽毛の分量によっても保温効果は変わってきますから、普段過ごす地域の気候などを踏まえたうえでそろえておけるようにすると、温度調整もしやすくなるので有効です。
見た目としては蛍光色やはっきりした色を採用しているデザインが多いため、着こなしとして考える際には差し色として取り入れられるように他とのバランスを加味しておくようにすると確実です。

Valuable information

2016/6/23 更新